【ツアーレポート】リマソル国際マラソン、死海マラソン、アレキサンダー大王マラソン2015

リマソル国際マラソン、死海マラソン、アレキサンダー大王マラソン2015
中近東の3つのフルマラソンを1週間で走る旅から帰国して、しばらく経ちました。

そして、
全行程を予定通り終了し、直前に死海マラソンがフルから 50km に変更になったにも拘わらず、13名様のツアー参加者さんで70歳以上が8名様で涼しい顔で全て完走したのにはびっくりしました。

簡単に報告します。

キプロス・リマソル国際マラソン

★キプロスの海は「コートダジュール」よりきれいな海だという言葉が出る程 美しく、10,000年の歴史というだけあって、古代劇場等の遺跡は素晴らしいものでした。

★ゼッケン番号は受取りに来た順というキプロス式?

受け取る順にゼッケン番号が決まる Limassol マラソン

受け取る順にゼッケン番号が決まる Limassol マラソン

 

★市長さんが、市庁舎に招待してくれましたネ。66歳の Andreas Christos 市長は自分よりはるか年上の日本人が毎週マラソンを走っていると聞いてビックリ。

マラソン開催地 Limassol 市長との会見

マラソン開催地 Limassol 市長との会見

★マラソンも大らかで制限時間がゆうに過ぎても「 Don’t worry !」と完走メダルをちゃんと確保してある。

★紹介してもらったワイナリーのオーナーのお嬢さん Olvia さんがワインの試飲と美味しい肉料理を食べ切れない程ご馳走してくれて全員大満足、大喜びでしたね。

ワイナリーのオーナー Olvia さん

ワイナリーのオーナー Olvia さん

イスラエルとパレスチナの旅

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地エルサレムの滞在は歴史・文化感溢れる2日間でガイドのアキさんの丁寧で的を得た説明でよく理解出来ました。
危険・恐いと聞いていたイスラエルがとても親しみ易くなったのでは・・・。

イスラエルからパレスチナを望む

イスラエルからパレスチナを望む

★パレスチナ国際マラソンがある事も知りました。

それもリマソル国際マラソンのたった2日前に・・・。

いつか走りましょう。

ヨルダン死海マラソン

★ヨルダンは歴史・遺跡が溢れる国
まず最初はジェラシュの遺跡観光:2000年前に、こんな町・建造物があったのだなんて目を疑いますね。

シリア、トルコを含め中近東は遺跡の宝庫。

このような人類の宝物をもっともっと訪ねたいですね。

可愛いメッチャ明るいヨルダンの子供達

可愛いメッチャ明るいヨルダンの子供達

★標高差1,100mの下りに下る50kmランはいかがでしたか?

8年前に走りましたが、中々快適でした。

ゼッケン受取りの際に「もっと、全体を分かっている人いないのぉ?」と言ったら出て来て「スタートは死海よ。」言い張ったメガネのおねえさんが待っていてくれ、大感激でした。

死海マラソンのゴ―ルには国旗とイスラエルの山々

死海マラソンのゴ―ルには国旗とイスラエルの山々

★そして、あこがれ?の死海での浮遊体験。あんなイメージでしたか?

★10kmマラソンは10kmウォーキングに改名すべき、スタートをしても誰も走らず、2km地点でたばこを吸い始めるウォーカーも・・・。

★アレキサンダ―大王マラソンも傑作でしたね。

ゼッケンを数十枚ある束の一番上から一枚ずつ探している・・・。

フルパッケージエントリーしておいたので、何かおかしいと思って、Pasta Party の時間と場所を聞いても誰も知らない。

「俺が責任者だ。」というので、Pasta Party は?と聞いたら「サイズは?」と言う。

ますます頭がおかしくなりそうになった。

★一瞬、Pasta の量の希望が大盛りか中盛りかを聞いているのかと思ったくらいです。

Pasta Party が中止になり、Jacket と Cap と Tシャツのセットになった事を一切言わないのですから。

★でも、そのウエアセットは悪くないですね。

★ゴール後、アレキサンダー大王に完走と旅の終了を報告しました。

アレキサンダー大王に完走を誓う(スタート前)

アレキサンダー大王に完走を誓う(スタート前)

アレキサンダー大王に完走を報告

アレキサンダー大王に完走を報告

13名様もの多くの皆さんにご参加いただき、人生の先輩達から多くの事を学ばせていただきました。

おかげ様で素晴らしいマラソン、素晴らしいランナー仲間の旅でしたね。

慎ちゃんは、お金をいただいて、マラソンも走れ、人生勉強もさせていただける!

慎ちゃんの長女・香も参加させていただき、大学の授業や今迄の人生では学べない勉強のシャワーを浴び続けた2週間でした。

本当に、ありがとうございました。

中近東14日間の旅の終りはアテネのパルテノン神殿

中近東14日間の旅の終りはアテネのパルテノン神殿 アテネ アクロポリス神殿

さて、マラソンのタイムはキプロスはまだ発表されていない様ですね。

死海ウルトラマラソンとアレキサンダー大王マラソンは記録は出ていますが、完走証の印刷が出来ませんね。

現在、大会本部に連絡をしてあります。

添付の書類は、2014年 そして2ページ目が今年後半から来年2016年の年初めの慎ちゃんと「地球の奥地を走る」海外マラソンツアーの予定です。

7月は、急遽リオデジャネイロマラソンとイグアスの滝です。
10月はヨーロッパ最古のスロバキア・コシチマラソン
11月はアフリカの奥地・ウガンダでも走りますよ。
年初は、カリブ海で3連荘も出来ます。

慎ちゃんと「地球の奥地を走る」ランニングクラブでは南アフリカのコムラッズマラソンで炎の応援をしてくれるアフリカの身体・知能障害がある子供達に、「恩返し」募金をしています。

今回、皆さんから EUR.39.80 + US$2.15 = 6,981円をお預かりしました。

そして、4月18日(土)にの第159回慎ちゃんと「ゆっくり走る練習会」では、多額の3,900円も。
他の多くのランニング仲間から預かった分も併せて責任を持ってお届けして来ます。

ありがとうございました。

5月24日(日)の南アフリカに向けての出発前に最終報告を致します。

「地球の奥地を走る」慎ちゃんより

公開日 :

< 活動レポート一覧へ戻る




活動レポート