【ツアーレポート】国際色に溢れるマラソン大会

世界中、どこへ行っても国旗色のユニフォームが人気の南アフリカのランナー達。

ベルリンマラソンは国際色に溢れるマラソン大会だ。

ドイツ。近隣のオランダ・イギリス・北欧のデンマーク・スウェーデン・イタリア・スペイン。

以外に少ないと感じたのはフランス。北・南米ではメキシコがダントツか?

アメリカ・カナダのランナーは少ない? グアテマラや、ドミニカ共和国からもやって来た。

2月に行ったヨ!と言ったら大喜びしていた。アジアは中国、台湾、インドネシアが多く、我が祖国・日本は、国旗も掲げずアピールも下手で、只黙々と走る感じ。陰険で暗い感じ?

南半球からは南アフリカが多く、陽気なランナー達は沿道の応援も凄く愛されている国だ!

を強く感じた。その1人の女性ランナーが走っている最中に身体を捻らせて慎ちゃんのゼッケンの名前をマジマジと覗いて、「 I know you ! 」「あたし、あんたを知ってるわよ!」と叫んだ。何と、2015年にリオデジャネイロマラソンを途中話しながら、

一緒に走った仲間だったのだ。Shin は世界に通じるのだ。地球なんて小さいのだ。

ブラジル、オーストラリアも黙っていない。地球の奥地を走る慎ちゃんの「走り旅」は続く!

公開日 :

< 活動レポート一覧へ戻る




活動レポート